読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カツ丼の頭で考える

このブログはカツ丼の提供でお送り致しません

電子レンジ「僕と契約して、おいしいプリンになってよ!」

食べ物 作ってみた
――これはGWに一人さびしく、美しいプリンを目指したモノグサの記録である――
 
f:id:forcutlet:20160430201844j:plain

 

 

 

長い余談は飛ばしちゃおうねぇ~

 

【余談1】悲しみのプリン研究

  はじめに言っておくが、私はパティシエでもなければ料理上手でもない。

  そうであるから、プリンに限らず菓子類というものは、市販されているものを買ったほうが大正解だと思っている。手間隙がかからない上に、何より味が保障されているからだ(されていないものも時としてあるが……)

 

 そんな私が何故、プリンを手作りしようと思ったのか。

一つは甘いものが食べたい丁度そのとき、電子レンジで作れる事実を知ったこと。

 

そしてもう一つは……「家族旅行一人だけ置いていかれた」こと。

 

 ――どうせ作るならおいしく、そして美しいプリンを作ってやる!!

2016年4月29日。傷ついた心はプリン作りに向けられたのだった。(わけがわからないよ!)

 

 

 

電子レンジ「僕と契約しておいしいプリンになってよ!」

材料

卵 1個

牛乳 100mlくらい

砂糖 大さじ1くらい

 

作り方

材料全てを混ぜ合わせたものを、耐熱カップに入れて600Wで2分ほど電子レンジでチン♪

 

おわり!(ね、簡単でしょう?)

 

備考

味を濃い目にしたかったので牛乳は少なめに。

ダイエット中なのもあって、砂糖も少なめにしました。

どうせカラメルソースで十分な甘さになりますしね(´ω`;)

 

 ダイエットもしてないし、プリン自体も甘くしたい! という方は以下の参考レシピどおりの分量(大さじ2)でよいかと思います!

 

参考レシピ

 

 

 

【注意点】プリン「美しくなりたい」

 

 ただ単に混ぜてチン♪するだけ、と簡単な電子レンジプリン。

 ですが、一手間を加えることで美しく仕上がります。

プッチンしてお皿にのせたとき、なめらかでうつくしい表面にするためには――

 

 溶液を茶漉しで数回通しましょう

f:id:forcutlet:20160430201850j:plain

 そんなんで変わるわけないだろう~なんて思ってましたが、びっくりするほどに違った出来になりました! なんでこうなるんだろう~(´・ω・`)ふしぎ~

 

 また、白身を細かくしたいがために メレンゲ状にする なんてことは考えないほうがいい……

 

 腕が疲れる上に、徒労に終わります。茶漉しを通りませんし、膨張が凄まじくなります。史上最悪の出来というほどの、ボロボロのプリンを召還することになります。溶液が飛び散ってやけどする危険もあります。まさにプリンに対する虐待ですよ! 絶対にやめましょう。

 (こんなことやるのは私くらいか笑)

 

 

【味の違い】豆乳のことも忘れないでください

 

 牛乳の代わりに豆乳でも作ることが出来ます。

牛乳と比べて……

 

1.“こってり”として、しっかり固まった。

2.豆乳の匂いが少し残る(豆乳が苦手な人は厳しい?)

 

  みずみずしい感じにしたければ、牛乳。こってりした出来合いにしたければ、豆乳――といった感じでしょうか?

 牛乳を使ったほうがおいしい! と言われがちな豆乳。しかし、私は豆乳で作ったほうが好きかな(´ω`)

※また、豆乳の種類によって差が出るようです。私は以下の無調整豆乳を使用しました。

 

マルサン 毎日おいしい無調整豆乳 1000ml×6本

新品価格
¥1,287から
(2016/4/30 21:57時点)

 

 

 

【カラメルソースレシピ】手作りだからこそできる贅沢♥

  プリンで参考にさせてもらったレシピでは、カラメルソースも電子レンジで作っていますが、私はお勧めしません。カップが割れる恐れもありますし、なにより見極めが難しかった……!

 

 ここで考えて見ましょう。 「手作りの良さとはなにか?」

――それは、市販品と違い、”自分の好きなように”味付けや量を調整できるところです。

 

 手作りの良さを最大限に活かすために、手間が増えますが、カラメルソースは別で作るべきです。そうすることによって、あの甘いカラメルソースを好きなだけかけることが出来ます(笑)

 

以下のカラメルソースレシピは簡単に作ることが出来ますし、調整も容易です(´ω`*)

 

 

 

 

【余談2】それでもプリンはプリンだった

 

 些細なきっかけ? で手作りプリンを作ること5回。最後の最後に一番美しいプリンを作ることが出来ました。プリン自体に砂糖を多く入れなかったことで、甘いカラメルソースとプリンの食感をおいしく味わうことが出来ました。

 

 あれ、そもそもどうして私はプリンを作ることになったのだろう?

 

 色んなつらさを忘れさせてくれる甘さ。みなさまもプリンを作ってみてはいかがでしょうかo(^ω^)o

 

最後に

 忙しい現代、忙しい毎日。「手作りしている余裕なんて無ぇよ! お前と違ってな!!」という方は以下のプリンがお勧めです(はーと

 

森永 濃いリッチプリン 140g 6個

新品価格
¥712から
(2016/4/30 22:37時点)

 amazonさん、中々良心的なお値段やわ~と思ったら送料が600円(関東)かかるとか誰が買うの。一個あたり200円のスーパーリッチプリンになってしまうじゃないか!!サイヤ人じゃないんだから

 

 スーパーやコンビニで売っていますので、其方で買いましょう(笑)