読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カツ丼の頭で考える

このブログはカツ丼の提供でお送り致しません

舛添要一が愛<フォロー>した、ただ一人の男とは

舛添要一」前都知事の、歴史に名を残したであろう伝説の「超エコ退庁」(花束代、見送り議員の人件費削減!)から早1ヶ月が経とうとしている。

そんな彼だが、公式twitterでは「東京都知事舛添要一」のままである。(辞任したとはいえ、次の都知事が決まるまでは名乗ってていいのかな?)


なお現在は、東京の魅力を世界に発信していない模様



7/16現在。様々なリプライが彼に届いているが、もちろん返答はない。しかし、辞任したあともフォロワー数は16万を維持しており、某95代内閣総理大臣経験者よりも圧倒的なフォロワー数を誇っているのだから流石と言ったところだろう。(どぜうさん、せめてフォロワー数1万は欲しいところガンバレ!p(^_^)q)



そんな多くの人々にフォローされている一方で、舛添さんがフォローしているのは1人だけである。

一体誰なんだ!?

舛添さんの心を鷲掴みにした人物は、なんとーー




鳥 越 俊 太 郎

説明しよう!鳥越さんは今月末に行われる舛添亡き後の空席に座る人(所謂、都知事)を決める選挙に立候補したジャーナリストをしていたおじさんで、76歳というお年に加え、寛解したとはいえ様々な病気を経験した体に鞭打って都民のために働きたいって言うんだからすごい!東京オリンピックを争点に加えない政策や、呆けてるだの様々な指摘がされているようだけれども、ガン検診100パーセントにするためなら仕方がないよね!……的なことを考えてたようなそうでないような。

まあ、ともかく来たる31日の都知事選挙候補であることには間違いない。


違法ではないが不適切都知事からの、唯一のフォローを受けている鳥越さんって最強なんじゃね?

でも、鳥越さんって演説で舛添さんバッシングしてたよね。


 聴衆の歓声と拍手の中を登場した鳥越氏は「『税金がどう使われているか』という意識が、納税者には希薄なところがある。その典型的な例が、今回の舛添さんの問題ではないでしょうか。それが都知事選の出発点にあるところを忘れないでください」と“舛添バッシング”からスタート。


16万のフォロワーに目もくれず、さらにバッシングまでされても鳥越さんだけをフォローする舛添要一……うーん、これはただならぬ関係(愛)に違いない┏(^q^┓)┓(※個人的見解です)




そんなゾッコン要一な一方で、鳥越さんは12人もフォローしており

さらに残念なことに、

フォローリストの中に舛添氏の名前はない

悲しいことに、舛添さんの片思いであるようだ……(同じハゲでも白い犬には勝てないのか)


でもゾエちゃん元気出して!鳥越さんは街頭演説で、舛添だけ「さん付け」で呼んでたみたいだから!!!特別視されてるよ!やったね!!

……果たしてそうかな?(天の声)

聞いてみましょう……

【都知事選2016】鳥越俊太郎氏「私は聞く耳を持っている。舛添さん、猪瀬は持ってなかった。石原はもっと持ってなかった」 街頭演説第一声

15分あたり〜



全員「さん付け」してるじゃん!

ナンテコッタ!!!聞く耳なんて持つんじゃなかった!!!


やっぱり舛添さんの片思いに変わりないじゃないか\(^o^)/



……鳥越さんが相互フォローしたなら、また記事にしたいと思います。(ナイナイ)