カツ丼の頭で考える

このブログはカツ丼の提供でお送り致しません

【久々の料理回♪】納豆オムレツを作ろう【3分クッキング】

メインブログ交代の危機? haraheringo.hatenablog.com

 照り付ける太陽、襲う蒸し暑さ。梅雨が明けてないとか嘘だろ。「食欲の秋」という言葉があるなら、今は「食欲不振の夏」といってもいい。まだ夏も序章というのに、私は暑さにやられ食べることすら面倒になりつつあった。しかし――

 

f:id:forcutlet:20170713144431j:plain

(画像引用 公式より)

 

 

――"は食卓にある"のである。

 

 そうだ、納豆オムレツを作ろう!

 

TVから飛び出した裸の天使(?)によって、私は地獄のクッキングが始めたのだった。

 

スポンサーリンク

 

 そういうわけで久々の料理回です。久々といえども「作ってみた」カテゴリーは現在2記事しかなかったわけだが……以前はプリンやピザ記事がありましたが、いやはやどこへ消えてしまったのやら。

 

 まだ本格的な夏になっていないであろうに、食欲不振な夏バテになってしまった私の心を射抜いた「納豆オムレツ」。まあ、正直いうと、たまたまTVをつけたらやっていたのと、納豆が余っていたのと、材料がちょうどあったので作ることに(以下省略)

 

レシピ

正確なレシピは以下を参照

 

www.ntv.co.jp

 

まあ、簡単に言うと

 

ひき肉とみじん切り玉ねぎとニラと納豆を炒めたものを卵で包めば完成、といったところ。

 

Let's try!

 撃沈しました。

チーン
f:id:forcutlet:20170713131945j:image

 

 あらかじめ言っておくが、料理をブログに載せるのはプロが作ったものでなければいけないわけでもなく綺麗な見た目のものでなければならないという決まりはない。故に「グロ注意」なんて告知を予めする義務はない。むしろこの記事のサムネ画像にも設定しているのだから、前もって予告されていたも同然である。よって私は良心的なほうである。きったねー料理画像を見て気分が悪くなった等の苦情は受け付けないのであしからず。……あああああ具材を炒めるまでは完ぺきだったのにィ!!!!!!

 

反省点

 いうまでもなくオムレツに原因がある。味はサイコー! しかしオムレツの包み方によって、見栄えが著しく悪いものになっている。

 

 3分クッキングの放送時の内容では、具材をくるっと包むというよりも巾着のように卵を寄せ、最後に具材の露出面を下にすることで綺麗な見栄えとなっていた。しかし、我がフライパンではそれすらできなかった。卵とはがれかけテフロンとのランデヴー()である。燃やすぞティファール♪

 

リベンジ戦

 

 ふふふ、何も無様な姿を晒すために料理回を復活させたのではない。具材はもう一回分ある。これが私の本気だ!!! うおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!

 

\デデドン!/
f:id:forcutlet:20170713131947j:image

 

なんということでしょう――

 

 

f:id:forcutlet:20170713131957j:image

 

――あんなにはみ出していた具材が、綺麗に収まっているではありませんか!!!

 

……これでも汚いって? うるせえ

 

 

スポンサーリンク

はらへり、オムレツの戦いに勝する

  いままで私はテフロンが剥げたフライパンを使っているから、オムレツができないのだと思っていた。しかし考えてみればそれはおろかな考えだった。テフロン加工フライパンがない時代にもオムレツ、オムライスは作られていたわけである*1。つまりテフロン加工がなくとも美しいオムレツは作れるはずだ!

 

 そしてgoogle検索で行き着いた先、以下の記事と出会い私の仮定は確信に変わる。

 

favo-goods.com

 

 きれいなオムレツを作るには……

 

  1. めちゃくちゃ熱したフライパンに
  2. 油を多めに入れ
  3. 卵を焼く!

 

……これだけ! なーんて簡単なんだと思いつつも、やっぱり強火のフライパンで卵を焼くなんて考えられないよなあ。卵はすぐに火が入るイメージがあるから?

 

 IHであったので、フライパンは回しながら念入りに熱した模様。多めの油に卵を投入したところ、めっちゃバチバチして戦争状態。大きくかき混ぜ&気泡をつぶしてフライパン自体を回してあっという間に完成。いやはや火傷するかと思った。

 

f:id:forcutlet:20170713131947j:plain

 

 そして人生初の「破れてないオムレツ」で包むことができたわけである。卵がこびりついていないフライパンは如何に洗いやすいことか。

 

一つ惜しい点があるとするならば、皿に上げた後のオムレツからどんどん油が染み出てくることである。

 

初心者は油を多めに入れるようにすると良いとあるが、慣れたら油の量を調整することは必須。それか、皿に上げる前にキッチンペーパーで油をしっかり取ればよいのかもしれない。

 

ありがとう3分クッキング!

 

 こうしてオムレツの包み方も研究できたし、賞味期限間近の納豆も消費できたし、きちんと美味しい昼食も取ることができた。あのときテレビをつけていなかったら、私は何も食べていないかカップラーメンかお菓子で一食を終えていたことだろう。夏バテ恐るべし。ブログの更新もできたし、もう3分クッキングの料理で毎日を過ごそうかなんて考えている。

 

以上で「納豆オムレツの回」を終了する。また料理するその日まで。お疲れさまでした。さようなら

 

 

 

スポンサーリンク

 

*1:コーティングフライパン 第一号は1965年(ダイヤモンドコートフライパンの歴史は1965年から?)、「煉瓦亭のオムライス」は、1900年(明治33年)に溶き卵に白飯やピーマン、マッシュルームの具を混ぜて焼いた賄い料理として作られた。(オムライス - Wikipedia)……とある。よかった