カツ丼の頭で考える

このブログはカツ丼の提供でお送り致しません

【懐かし横丁】キャラメルコーン久々に食べたら美味しすぎてやばい

f:id:forcutlet:20170713132056j:image

  どうやら新発売らしい「懐かし横丁なキャラメルコーン」を発見したので報告する。

 

スポンサーリンク

 前提

  そもそも私はキャラメルコーンがあまり好きではない。ほどよい甘さとエアー感。おいしいことは確かで、味は好きである。が、誰しもが経験したことはないのではないだろうか? そう、一人で食べるのには多い。食べているうちに飽きがどうしても来てしまうのだ。かといって二人以上で食べると量が物足りなくなってしまうし、少しずつ食べるという原始的かつベストな対策も、密閉対策を怠ると湿気ってしまいキャメラるコーンになってしまう。とても悩ましい。あと、ピーナツが入っている意味が分からん。ピーナツだけしか入っていない袋を、わけてあげるという名目で幾度渡されたことか。私にとってはぬか喜びさせるための罠としか言いようがない。

東ハト キャラメルコーン 23g×20袋【楽天24】【ケース販売】[東ハト スナック菓子]

価格:1,080円
(2017/7/13 13:55時点)

中田英寿がデザインしたというポップなかわいい包装も、もはや赤い悪魔である。

 

本題

 そんなわけで率先してキャラメルコーンを買うことがなかったのであるが、どういうわけか新発売商品に手を出してしまった。パッケージに釣られたわけである。

 

f:id:forcutlet:20170713132056j:plain
かわいすぎィ!

 

 こんな可愛いレトロ(という表現が正しいのか?)なデザインに惹かれるに決まっているじゃないか! 今ならパケ買いする豚と罵ってくれても大いに構わない。新発売の棚で輝いていたんだ、仕方がないじゃないか。

 

 購入した後に気が付いたのだが、味は「フルーツ牛乳味」と「コーヒー牛乳味」の二種類である。小さいころばあ様につられて銭湯に行ったことが懐かしい。風呂上り後によく飲んでいたもんなあ、牛乳(フルーツでもなければコーヒーでもない)。ともあれ、「懐かし横丁」とあるだけに昔を思い出させるような雰囲気が満載である。

 

 

スポンサーリンク

 懐かしさだけでは腹も舌も満たされないのである。肝心の味はというと、やはり東ハト、期待を裏切らない。うまい。内容物の写真を撮る暇もないほどに食べつくしてしまった(見た目はパッケージ通りなのでご容赦を)。それほどに、うまい。各々イメージ通りの味である。まさに風呂上り後に売っているあの味がキャラメルコーンになっている!

 

 そして思い出に水を刺さないように(かどうかはわからないが)、まるっきりピーナツは排除されている。甘くてエアーなキャラメルコーン100%となっている。素晴らしい。これを本家にしてもいいくらい素晴らしい。季節限定なので、期間めいっぱいに味わおうと思う。

 

 栄養素情報

(左)コーヒー牛乳味

エネルギー 421.4kcal
たんぱく質 1.9g
脂質 25.0g
炭水化物 48.1g
ナトリウム 162.9mg
食塩相当量 0.5g

 

(右)フルーツ牛乳

エネルギー 425.4kcal
たんぱく質 1.9g
脂質 25.0g
炭水化物 48.1g
ナトリウム 195.3mg
食塩相当量 0.5g
 
 
 

スポンサーリンク